外来種対策のページへ センターのトップページへ

外来生物シンポジウム
〜みんなで学ぼう〜これだけは知っておきたい「外来生物」のはなし

 外来生物は、生物多様性の保全を脅かす原因の一つであり、カミツキガメやアライグマなどペット由来の外来生物も多く、私たちにとって、とても身近で大切な問題です。
 そこで、広く県民の皆様に、本県における外来生物の現状と県内外の先進的な取組を紹介することにより、外来生物に関する知識を身につけ、どう対応したらいいかを考えてもらうためのシンポジウムを開催します。

 講演では、多摩川の「おさかなポスト」で有名な山崎充哲(やまさきみつあき)氏を招き、水辺を中心とした外来生物問題についてお話をしていただきます。
 また、事例紹介では、ナルトサワギク、アメリカザリガニ、アカミミガメなど、身近な生き物の持つ問題点や駆除の事例などについて、実際に関わっている専門家から報告をしていただきます。

 参加費は無料です。なお、参加者には、当センターのオリジナル下敷きを進呈します。
 ぜひ、皆様の参加をお待ちしております。


チラシ
チラシのダウンロード
(pdfファイル 1.81MB)
  1. 題名:外来生物シンポジウム

      「〜みんなで学ぼう〜これだけは知っておきたい「外来生物」のはなし

  2. 日 時:平成24年2月4日(土) 午後1時から4時15分

  3. 場 所:千葉県立中央博物館 講堂(千葉市中央区青葉町955-2)
    (JR千葉駅もしくはJR蘇我駅からバス。または、京成千葉寺駅から徒歩約20分。)

  4. 定 員:200名(参加費無料、当日受付、先着順)

  5. 主 催:千葉県自然保護課生物多様性センター・千葉県立中央博物館

  6. 問い合わせ:千葉県自然保護課生物多様性センター(電話:043-265-3601)


外来種対策のページへ センターのトップページへ