企業と生物多様性セミナー センターのトップページへ
第2回企業と生物多様性セミナー
生物多様性とマーケティング

生物多様性に関する情報や企業による取組事例などの情報共有を行うため、第2回企業と生物多様性セミナーを開催しました。

- セミナー報告 -
会場:千葉県教育会館

日時:平成22年 2月 1日 14時30から16時30分

主催:千葉県自然保護課
共催:千葉県環境保全協議会・千葉県経済協議会

参考:申込書兼チラシ(pdfファイル:422KB)

セミナーの様子


講演:生物多様性とマーケティング


   生物多様性条約市民ネットワーク 生態系と生物多様性の経済学ワーキンググループ長 服部徹氏(特定非営利活動法人アースデイ・エブリデイ)

   - 講演内容 −
 世界でビジネスと生物多様性を考える際の教科書となってくる『生態系と生物多様性の経済学(TEEB:The Economics of Ecosystem & Biodiversity)』は、生態系の経済評価と主流化を目的としています。生物多様性の評価方法、リスク管理や新しいビジネス機会の創出について掲載されます。
  生物多様性に関する生活者へのアンケート結果から、6人に1人が生物多様性に配慮した商品に関心があることがわかりましたが、生物多様性に配慮した商品情報が不足していると感じた生活者はおよそ8割にもおよびます。

参考:配布資料(pdf:1,666KB)
   生態系と生物多様性の経済学(TEEB)の日本語版(仮訳) 【財団法人地球環境戦略研究機構(IGES)】


千葉県からの情報提供


人々の活動と生物多様性 ≪千葉県生物多様性センター 斎木健一≫
 千葉県では約200人にもなるボランティアの力からレッドデータブック植物・菌類2009が作成され、危機に瀕している植物の姿が浮き彫りとなった。生物多様性とは何かから企業が生物多様性を守る事の損得についてなどの説明を行った。

参考:千葉県の保護上重要な野生生物−千葉県レッドデータブック−植物編(2009年改訂版)
   千葉県の保護上重要な野生生物−千葉県レッドデータブック−動物編(2011年改訂版)




※本ページは、セミナーの報告のため、記載内容はセミナー開催当時のものです。

企業との連携推進について センターのトップページへ