企業との連携推進について センターのトップページへ
第1回 企業と生物多様性セミナー
企業が生物多様性に取組むメリット

生物多様性に関する情報や企業による取組事例などの情報共有を行うため、第1回企業と生物多様性セミナーを開催しました。

- セミナー報告 -
会場:千葉県教育会館

日時:平成21年 12月 1日 14時00から15時30分

主催:千葉県自然保護課
共催:千葉県環境保全協議会
後援:千葉県経済協議会

参考:申込書兼チラシ(PDFファイル:406KB)

セミナーの様子


講演:鹿島の生物多様性への取組み


   鹿島建設株式会社 環境本部 山田順之氏

   - 講演内容 -
 業界に先がけて生物多様性ガイドライン「鹿島生物多様性行動指針」を制定し、生物多様性に配慮した都市づくりの推進や環境教育など、建設事業を通じた生物多様性の保全に率先して取組んでいます。

千葉県からの情報提供


千葉県における生物多様性の課題と企業活動 ≪千葉県生物多様性センター 熊谷宏尚≫
 生物は、食う食われる(カエルとヘビ)、寄生する(チョウの幼虫と寄生バチ)、卵を産みつける(タナゴ類と二枚貝)など様々なつながりある。長い歴史を経て形成された地域固有のものである生物多様性を千葉県では「生命のにぎわいとつながり」と表現。企業活動は、生物がつくりだした環境のもとに成り立ち、生物を資源として利用し、海外の生態系サービスに大きく依存している。企業による先進的な取り組みや国内外の動き、取組方法を紹介。

参考:配布資料(pdfファイル:1,175KB)



※本ページは、セミナーの報告のため、記載内容はセミナー開催当時のものです。

企業との連携推進について センターのトップページへ